HOME > 役に立つ不動産の知識 > マイホームを獲得する

役に立つ不動産の知識〜マイホームを獲得する〜

マンションのチェックポイント

マンションはここをチェック

[ 新築マンション ]
新築マンションは、完成前に図面で売る「青田売り」が一般的です。青田売りですので、販売にはモデルルームが用意されますが、モデルルームですので、専有部分の設備、仕様などはチェックできますが、構造や日照、眺望等は確認できません。また、自分の購入したいタイプが、モデルルームになっているとは限りません。図面を詳細に検討しながら、モデルルームを見学し、建設地には必ず足を運ぶようにしてください。とくに、図面を見るときに注意したいのは、表示してある面積、長さは「壁芯(かべしん)」(壁の中心で囲まれた部分)です。実際使う場合や登記上の「内法(うちのり)」(壁の内側で囲まれた部分)より広く表示されますので、モデルルームにはメジャーを持参してチェックする必要があります。専有面積についても、どこまでの部分が含まれるのかを、パンフレット等で確認してください。モデルルームでは分からない構造部分などについては.販売担当者に聞いてみてください。床のスラブ厚、工法、外壁・戸境壁の厚さ、排水管の状態などは、販売担当者に確認してください。また、マンションは「管理を買え」ともいわれるほど、管理が重要です。管理方式や管理費、修繕積立金の額などもチェックが必要です。

[ 中古マンション ]
中古マンションの場合は、専有部分は自分の目で確認できます。チェックポイントは、1.外壁のクラック(ヒビ割れ)やエントランスの状態 2.内部の使い勝手はいいか 3.壁にシミはないか(結露の可能性がある) 4.大規模修繕は終了しているか、あるいは修繕積立金の額は十分か、などです。

■マンションのチェックポイント


敷地面積 余裕がある 多少余裕がある ぎりぎり
隣地との距離 余裕がある 多少余裕がある ぎりぎり



外 観 優れている 普通 劣る
エントランス 優れている 普通 劣る
共用施設 充実している あり なし
エレベーター 40世帯に1基 60世帯に1基 なし
駐車場 80%以上 60%以上 60%以下



専有面積 十分 普通 狭い
間取り 使いやすい 普通 使いにくい
スラブ厚 18cm以上 15cm以上 15cm以下
開口部の方位 良好 普通 劣る
各居室の広さ 十分 普通 狭い
LDKの広さ 12畳以上 9畳以上 9畳以下
キッチンの広さ・設備 十分 普通 劣る
浴室・洗面室の広さ 十分 普通 劣る
室内の仕様 優れている 普通 劣る
収 納 十分 普通 狭い
設 備 優れている 普通 劣る
バルコニーの広さ・幅 十分 普通 狭い

管理方式 委託管理 一部委託管理 自主管理
管理人 常駐 日勤 巡回

■管理状況を調べる

次に、マンションの管理状況を示す「長期修繕計画書」「修繕履歴書」「収支決算書」の3点の書類に注目してください(管理組合や管理会社に保管されていることが多い)。
マンションは区分所有者全員の共有財産です。専有部分だけでなく共用部分の給排水管などにも注意しましょう。

【長期修繕計画書】
今後10年、20年の間に行う修繕工事の予定表。居住者から毎月徴収する修繕積立金の根拠となります。
【修繕履歴書】
修繕工事を実施した個所や内容を記録したもの。この書類で長期修繕計画書どおりに工事が行われているかを確認できます。
【収支決算書】
管理組合の財務状況が分かります。管理費や修繕積立金などに不足はないか、延滞者が多数存在していないかを確認してください。資金不足のマンションでは、入居後にいきなり修繕工事費用を一時金として徴収されかねません。

ページのトップへ戻る