HOME > 役に立つ不動産の知識 > マイホームを獲得する

役に立つ不動産の知識〜マイホームを獲得する〜

意外にかかる諸費用

住宅購入となると、とかく購入資金、住宅ローンに頭がいきがちですが、登記に関わる費用、ローンの手続きに関わる費用、税金、保険料などの費用もかかります。また、引っ越し費用、インテリア、家具、家電製品購入などの費用も計算しておく必要があります。仲介物件では仲介手数料、中古住宅ではリフォーム費用なども念頭にいれておかなければなりません。一般に、新築住宅では購入価格の2〜5%、中古住宅では5〜10%が購入時の諸費用だといわれています。

■チェックポイント
  • 諸費用
      住宅購入には、下記のような諸費用がかかります。
  • 購入時
    1. 売買契約時 頭金、印紙税(売買契約書)
    2. ローン手続き・登記関係 印紙税(金銭消費貸借契約書)、登録免許税(抵当権設定登記)、特約火災保険料、団体信用生命保険特約料(公庫・年金)、ローン事務手数料、保証料(公庫、年金、銀行)、登録免許税(建物保存登記・所有権移転登記)、司法書士報酬
    3. 不動産取得税
  • 入居時
      引っ越し代、インテリア・家具代等
  • 入居後
      ローン、固定資産税、都市計画税、団体信用生命保険特約料(公庫・年金)
      (マンションの場合)管理費、修繕積立金

ページのトップへ戻る