HOME > 役に立つ不動産の知識 > 賃貸の知識

役に立つ不動産の知識〜賃貸の知識〜

高齢者をサポートする「高齢者居住法」

高齢者が安心して賃貸住宅に居住できるように「高齢者居住法」が制定されています。
この法律は高齢者向けの貸家の供給を促すとともに、高齢者が借りやすく、生涯住み続けられるように支援することを目的としています。具体的には次のような特色があります。

  1. 貸主が居室などをバリアフリー化したり、家賃を減額したりする場合に、補助が受けられること。
  2. 「高齢者の入居を拒まない貸家」と登録した貸家については、家賃滞納があった場合に高齢者居住支援センターの債務保証が利用できるようにしていること。
  3. 高齢者が貸家に住み続けられるように、借主が死亡したときに終了する旨を定めた「終身建物賃貸借(生涯借家)」という新しい形式の借家契約ができるようにしていること。

ページのトップへ戻る