HOME > 役に立つ不動産の知識 > 地震発生!いざというときの知識

役に立つ不動産の知識〜地震発生!いざというときの知識〜

地震発生-緊急避難チェック

出先や留守宅の家族の安否

勤めや学校、所用などで出かけている家族の安否は最も気がかりになることです。交通途絶のうえ、電話の通話不能に陥った場合は、家族間の連絡はとれなくなります。そのようなとき、一時的に身を寄せるところがあらかじめ決まっていると互いに安心できます。第一の場所、第二の場所と何個所かを決めておきましょう。学校や幼稚園などでは、子どもの帰宅について一定のきまりがあるので、それを十分理解し、それに従うようにしましょう。

逆に外に出ている者は家に残っている家族のことが気になります。日頃の安全対策を十分にし、”行動基準”に従って地震に対応するということをきまりとしてかねてから話し合っておくことが安心の手がかりになるでしょう。

緊急避難チェックポイント

  • 非常出入口は2ヶ所以上確保してありますか?
  • 非常出入口の周辺は整頓されていますか?
  • 避難場所を知っていますか?
  • 実際に避難場所まで歩いたことはありますか?
  • 避難場所までの道のりで、危険なところはありませんか?
  • 自宅・会社・学校近くの公衆電話の場所を知っていますか?
  • 自宅・会社・学校近くの救急病院の場所を知っていますか?
  • 自宅・会社・学校の近くの消化栓の位置を知っていますか?
  • 被災した場合、近所に避難できる親戚・知人宅はありますか?
  • 日中の家族の居場所を知っていますか?
  • 家族が離ればなれになった場合の連絡方法を話し合っていますか? (NTT災害伝言ダイヤル 171番等…)
  • 家族の避難場所を話し合っていますか?

災害伝言板を利用する

大きな地震が発生した場合、通常の電話も携帯電話も、通じにくくなります。また、通話が殺到しすぎると、火災や救急などの緊急の通話にも支障をきたすため、通話は最小限にとどめたいものです。

安否情報の確認は、NTTの「災害用伝言ダイヤル171」「iモード災害用伝言板サービス」などの利用がすすめられます。また、NTT東日本・西日本では、インターネットを活用し、従来の音声だけでなく、テキスト、画像の登録・閲覧を可能とする「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」システムの提供を始めました。

災害伝言板の利用方法

災害用伝言ダイヤル171
録音 171+1+被災者の電話番号
確認 171+2+被災者の電話番号
iモード災害用伝言板サービス
登録 「災害用伝言板」を選択→「登録」を選択→「状態」を選択→メッセージ入力→「登録」を選択
確認 「災害用伝言板」を選択→「確認」を選択→確認したい人の携帯電話番号を入力→「検索」を選択
※「確認」はドコモ以外の携帯電話やパソコンからも可能(http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
災害用ブロードバンド伝言板(web171)
https://www.web171.jp

※いずれも震度6以上の地震などの災害が発生し、被災地との通話がつながりにくくなった場合に利用可能になります。とっさの時に備え、携帯電話のアドレスに登録しておきましょう。

ページのトップへ戻る