HOME > 役に立つ不動産の知識 > 地震発生!いざというときの知識

役に立つ不動産の知識〜地震発生!いざというときの知識〜

室内の安全はここがポイント

宮城県沖地震では、「ガラスによるけがが負傷原因の第一位」でした。
部屋内の安全を守るための常日頃できるポイントがあります。

日曜大工で十分できるたんすや食器戸棚、本棚の転倒防止
針金は
  1. 18番以上の太いものにする
  2. 2本にする
  3. 30度以内の角度にする
ヒートンは
  1. 枠の固い部分にねじこむ
  2. 針金と反対方向にねじこむ
ガラスの破壊、飛散防止
粘着テープの効果的な貼り方
布やビニール製を。
紙テープは効果が無い。
冷蔵庫の転倒防止
ピアノの移動、転倒防止
冷蔵庫やピアノは、はじめから転倒や移動の防止をしてもらっておくとよい
  • 寝室の家具類の転倒、落下防止はしっかりと。
  • お年寄りや病人の部屋の安全は確実に。
  • 乳幼児を転倒物や落下物の下になるようなところに不用意に寝かせない。

ページのトップへ戻る