HOME > 役に立つ不動産の知識 > 地震発生!いざというときの知識

役に立つ不動産の知識〜地震発生!いざというときの知識〜

地震発生時はこうする

屋内にいるとき

家の中
グラッときたら火の始末
落下物から身を守ろう
非常口を確保しよう
あわてて外へ飛び出さない
素足はダメ
2階にいたら、階下に降りない
ビルの中
まず火の始末
落下物から身を守ろう
エレベーターは使わない
あわてて外へ飛び出さない
窓から離れる
荷物の少ない廊下は比較的安全
スーパー・デパート
店員の指示に従う
こわれやすいもの、倒れやすいものから離れる
頭を保護して落下物を避ける
エレベーターを使わない
パニックに巻き込まれない
地下街
揺れが少なく比較的安全ですから、パニックに巻き込まれないように誘導灯に従って出入口を確認しておく
映画館
あわてて出口に殺到しない
頭を保護してイスの間に身をかくす
デマやパニックに注意

屋外にいるとき

住宅街
塀から離れる
頭を保護し広い場所へ避難する
商店街
頭を保護して安全なビルや空き地へ避難
塀や自動販売機などから離れる
垂れ下がった電線には近づかない
自動車に近づかない
海岸・がけ付近
海岸の場合は高台に避難し、津波情報に気をつける。低地にはすぐに近づかない
がけから離れて安全な場所へ避難する。崖を背にした家は生活の中心を崖から離れた部屋に
車を運転中
徐々に速度を落とし、道路の左側に寄せてエンジンを切る
揺れがおさまるまで車外に出ず、ラジオで情報を聞く
車外に出るときはロックせずにキーはつけたまま
電車
手すりや吊り革、座席につかまり姿勢を低くする
乗務員の指示に従う
むやみに車外に出ない
高圧電流に注意
パニックに巻き込まれない

ページのトップへ戻る