HOME > 役に立つ不動産の知識 > 地震発生!いざというときの知識

役に立つ不動産の知識〜地震発生!いざというときの知識〜

マグニチュードと震度の違いを知ろう

マグニチュード(M)は地震の大きさ(規模)を示す値で、震度は地震による、ある地点の地面の揺れの強さを表す単位です。
震度は、地震の規模、震源からの距離、地盤の状況などによって変わりますが、マグニチュードの値は、ひとつの地震につきひとつしか発表されません。
マグニチュードの大きな地震でも、震源から離れれば震度は小さくなり、マグニチュードと震度は必ずしも比例しないということです。

震度について

日本の震度は10区分
震度とは、地震が起きたときに、ある地点での地震動の強弱を示す数値です。
一般的には震源から離れるほど小さくなります。震源からの距離が同じ場合でも、その地域の地盤の良し悪しによって1程度上下します。
現在の日本で使われている震度は、揺れの強さを0〜7に分けて、震度5と震度6には「弱」と「強」があり、合計10区分されています。震度計というものを使って測定しています。
震度0 人は揺れを感じない
震度1 屋内にいる人の一部がわずかな揺れを感じる
震度2 屋内にいる人の多くが揺れを感じる。電灯などがわずかに揺れる。
震度3 屋内にいる人のほとんどが揺れを感じる。棚にある食器類が音を立てる。
震度4 眠っている人のほとんどが目を覚ます。恐怖を感じる。電灯は大きく揺れ、食器類も大きく音を立てる。
震度5弱 多くの人が身の危険を感じる。食器類が落ちることもある。家具が移動することがある。
震度5強 非常に強い恐怖を感じる。食器類、本などが落ちる。タンスなどの重い家具が倒れることもある。自動車の運転が困難になり、停車する車が多い。
震度6弱 立っていることが困難になる。固定していない重い家具の多くが移動したり、転倒する。
震度6強 立てない。固定していない重い家具のほとんどが移動、転倒する。建物の倒壊の恐れがある。
震度7 揺れに翻弄され、自分の意思で行動ができない。ほとんどの家具が移動し、飛ぶものもある。多くの建物の倒壊。地割れ、地すべり、山崩れが発生。電気、ガス、水道の停止。すべてがマヒ状態になる。

マグニチュードについて

少しの差でも大きな違い
マグニチュードとは、地震そのものの規模を表す単位です。(M)という記号を用います。地震のエネルギーに関係します。
マグニチュードが0.2違うだけで、約2倍のエネルギーの差がでます。
例えば、M7.2はM7.0に比べて約2倍のエネルギーを持っているということになります。<
マグニチュードが1違うと32倍、2違うと1000倍のエネルギーの差が出ます。

<参考>
関東大震災M7.9
阪神淡路大震災はM7.2
(その差は0.7ですが、地震波のエネルギーは10倍の開きがあります)
マグニチュードが小さくても、震源が近くにあれば、大きな揺れとなります。
そして、マグニチュードが大きければ大きいほど、地震は広範囲に影響を及ぼします。

ページのトップへ戻る