HOME > 役に立つ不動産の知識 > 用語辞典

役に立つ不動産の知識〜用語辞典〜

用語辞典【な行】

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行
二重譲渡
売主甲が同一の権利を乙と丙に二重に譲渡することをいう。甲が乙に譲渡すれば、もはや甲は何ももたなくなり、  さらにその所有権を丙に譲渡することは不可能なようにも思えるが、法律上の権利は物質的なものではなく、観念的な存在であるから、  いったん乙に移転した権利をさらに丙に移転するのも可能であると解されている。  乙丙間では、先に対抗要件(不動産では登記、動産では引渡し)を具備したほうが優先するが、対抗力において劣後した者は甲に対して、  引渡不能による損害賠償など契約上の責任を問うほかない。二重譲渡は指名債権についてもある(民法467条)。  また、二重譲渡と同じ関係は、甲が不動産を乙に譲渡し、他方甲の債権者丙がこれを差し押さえるとき等にもあり、登記の早いほうが優先する。

ページのトップへ戻る