HOME > 役に立つ不動産の知識 > アパートを借りる

役に立つ不動産の知識〜アパートを借りる〜

契約をするまえに

重要事項説明書の説明を受けましょう

重要事項説明書は、契約書とともに大変大事なものです。
宅地建物取引業者が、賃貸借の媒介または代理をする場合には、契約が成立するまでの間に、借主に対して、重要な事項について記載した書面(重要事項説明書)に基づき説明がなされます。
この説明は宅地建物取引士が宅地建物取引士証を提示のうえ行われます。
説明を受ける際には、その説明の内容はもちろんのこと、記載されていないことでも、疑問に思うこと、わかりにくいことについては、遠慮せずに質問をして内容の確認と理解をしましょう。

(1)宅建主任者から重要事項説明を受ける

賃貸物件を決めると入居申込書および添付書類を提出(または提示)し、申込み手続きを行います。
貸主から承諾を得ると、いよいよ賃貸借契約へと進みます。このとき仲介会社(宅地建物取引業者)を通じて借りる場合は、契約に先立って「重要事項説明書」に基づく説明が行われます。宅地建物取引業者はこの重要事項説明書を交付し、内容を説明した後ではないと、契約を結ぶことができないことになっているのです。
また、書類の作成と説明は宅地建物取引士が行うことが義務付けられているので、説明に際しては宅地建物取引士証の提示を受けたうえで重要事項説明に臨みましょう。

(2)事前に関係書類のコピーを読んでおく

重要事項説明書には、これから借りる住まいについて重要な事項が記載されています。説明内容に疑問があればそのたびに質問し、その場で解消するように心がけましょう。 また、重要事項説明は契約の直前に行われるケースが多いので、事前に重要事項説明書や賃貸借契約書などのコピーをもらっておき、疑問点を整理しておくというのもよい方法です。

媒介業者と管理会社(業者)

一般的には、契約・鍵引渡し(入口部分)までは媒介業者、入居中(中間部分)から契約終了・明渡手続(出口部分)は管理会社がする仕事といえるでしょう。

[媒介業者]
貸主より賃貸物件の媒介(又は代理)業務の委託を受け、借主を探すための営業活動を行い契約の締結から入居開始までの業務を行います。
契約が成立すると貸主・借主から媒介(仲介)報酬を受領することができます。
[管理会社]
貸主より物件の管理業務を受託して、当該賃貸物件を管理(家賃の集金・共用部分の清掃業務・入居者の管理、相談窓口等々管理委託契約の業務範囲により内容は異なる)し、貸主から管理委託料を受領します。

― 一部「住宅賃貸借(借家)契約の手引き」(財)不動産適正取引推進機構編集発行より ―

ページのトップへ戻る