HOME > 役に立つ不動産の知識 > アパートを借りる

役に立つ不動産の知識〜アパートを借りる〜

物件探しの流れと物件の確認

物件(借家)探しの流れ

多くの情報があふれていますが、自分の希望条件にあった物件を探すことは容易なことではありません。 長い時間を過ごす生活の拠点になるわけですから、契約をしてから後悔することがないようにしましょう。

Step1 情報を収集して予算を立てる
いつ入居する? (スケジュールを組む)
入居日から逆算して、情報収集や部屋探しなどにどのくらい時間がかけられるか、スケジュールを組んでみましょう。特に、春先は引っ越しのピークなので、早めの準備を心がけましょう。
どこに住む? (場所選び)
住みたい町などの希望がある人もいると思いますが、まずは通学や通勤経路をよく考えましょう。
家賃はいくらかかる? (予算を立てる)
仕送り(アルバイト料を含む)や給料などの収入から、「月々いくらまでなら無理なく家賃を支払えるか」を考え、家賃を決めましょう。また、入居時には敷金(保証金)などの一時金や宅建業者への仲介手数料のほか、引っ越し費用、新生活のための家具・家電の購入費用も必要となります。しっかりと資金計画を立てましょう。
調べる (情報収集)
インターネットや住宅情報誌、チラシや広告、宅建業者の物件情報などを活用してできるだけ広く情報を集めましょう。集めていくうちに、最近の傾向、地域・沿線ごとの家賃相場、宅建業者の特徴や違いが見えてきます。
優先順位を決める (希望条件の整理)
情報収集すると、「知らない町だったけど、ここも住みやすそうだな」といった新たな発見や「同じ家賃なら設備が充実している方がいいな」といった希望が出てくるはずです。希望条件を書き出し、優先順位をつけましょう。

Step2 宅建業者のお店へ行こう!
探してもらう (部屋探し)
住むエリアや予算、間取り、設備など、ある程度の希望条件が決まったら、宅建業者に実際に足を運び、部屋を探してもらいましょう。最適な物件を紹介してもらうために、希望条件をできるだけ詳しく伝えることが大切です。
相談する (不安・不明点を解消)
部屋の賃貸情報は専門用語も多く、自分で情報収集していて、わからないことや、自分に合うのはどういう部屋なのか迷うこともあると思います。そんなときは専門家の宅建業者に聞くのが一番。わからないことや不安に思うことがあったら先延ばしせず、その場で質問して解決しておきましょう。事前に電話やメールで来店の予約をしてから足を運べば、時間をとって相談にのってくれるはずです。また、実際にその町に住んでいる方々に住み心地や周辺環境、おすすめ物件などについても質問するといいでしょう。
間取り図の見方

■1R(ワンルーム)
部屋とキッチンが仕切られていないタイプ

■1K(ワンケー)
部屋とキッチンが仕切られているタイプ

■1DK(ワンディーケー)
部屋とダイニングキッチンが仕切られているタイプ

■1LDK(ワンエルディーケー)
部屋とリビングダイニングキッチンが仕切られているタイプ
賃貸住宅における「人気設備」

はじめての一人暮らしだからこそ、部屋にはこだわりたいもの。立地や間取り、日当たり、周辺環境はもちろんですが、最近は、さまざまな便利な設備を完備した物件も増えています。ここでは人気の設備を紹介します!

■オートロック
とくに女性には人気の設備ですが、過信は禁物です。マンションの入り口は、ロックされていますが、部屋の窓の戸締まりなど普段からの防犯対策もお忘れなく!
■TVモニター付きインターフォン
来訪者を目と耳で確認してからロックを解除できるので安心です。とくに一人暮らしの女性には人気のセキュリティシステムのひとつです。
■ブロードバンド対応(光ネット対応)
いまやインターネットなしの生活は考えられません。入居したその日から接続可能なのでとても便利。最近はインターネット無料の物件もあります。
■防犯カメラ
建物への侵入者を録画することで住民を守ってくれる安心な設備です。さらに防犯カメラが設置されていることで防犯対策にも役立ちます。
■ウォークインクローゼット
洋服や靴などの収納に便利なウォークインクローゼット。洋服選びも簡単で楽しくなるかも。部屋の中に家具を置かずにすむので部屋が広く使えます。
■追い焚き機能
お風呂のお湯が冷めた時に沸かし直せる便利な機能です。
Step3 物件を見学しよう!
歩く (周辺環境をチェック)
気に入った部屋を絞り込んだら、物件に実際に足を運んでみましょう。駅からの距離や近所に何があるか、夜道も安全かなど住むときをイメージしながら周辺環境もチェックしてください。
見る (希望する部屋の内部確認)
間取り、広さ、設備、日当たりなどを確認し、その部屋での生活を具体的にイメージすることが大切です。また、できれば一度で決めず、時間帯を変えて足を運ぶことをおすすめします。昼と夜とでは、騒音や周辺状況などが異なる場合もあるためです。

ページのトップへ戻る